検索キーワード

検索エンジンで指定した検索キーワードの検索結果順位について研究しているページです。自分が管理しているサイトについて、狙ったキーワードで上位表示を目指す実験や、予想もしなかったキーワードでの上位表示などについての情報を掲載しています。
カテゴリ
検索キーワード研究
検索キーワード研究/一覧 (5)


SEO基礎講座


2018年1月
 
18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着エントリ
タイガーズ (6/18)
眞鍋かをり/真鍋かをり/眞鍋かおり/真鍋かおり (6/17)
予想外の上位表示「巨人 加藤初」 (12/16)
金本「智憲」は間違いだけれども (11/26)
「トラライフ」がやっと復活 (11/25)

のブログ仲間


アーカイブ
2004年 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2005年 (2)
6月 (2)


アクセスカウンタ
今日:3
昨日:9
累計:50,595


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2005年06月18日(Sat)▲ページの先頭へ
タイガーズ

プロ野球チーム・阪神タイガースの「タイガース」の最後は「ス」であり、複数形の場合によく発音される「ズ」ではありません。
しかし、必ずしも正確なキーワードで検索されるわけではないということから、もしかすると「タイガーズ」というキーワードで検索するユーザが居るかもしれません。
試しに「タイガーズ」というキーワードで検索すると、以下のような結果を得ました。

googleにおける「タイガーズ」検索結果上位5件


2005年6月18日時点で16,600件、最後が濁らない「タイガース」の検索結果件数1,270,000件には遠くおよばないものの、阪神タイガース関連のサイトが検索結果に表示されます。
ちなみに、オーバーチュアのキーワードアドバイスツールで調べたところ、2005年4月に「タイガーズ」で検索された回数は295回。まぁ回数を見ると、ほとんど気にするレベルではないのですが、「タイガーズ」のように、キーワードによっては意外に間違ってよく使われるものが存在するはずです。
そういったキーワードを多く発見し、検索結果の上位に表示させることも、アクセスアップ手段の1つです。

というわけで、リンクレピュテーションを利用して、タイガーズ とリンクを貼ってみましたが、このページにリンクを貼っただけでは、とても検索結果の上位には表示されないでしょう・・・。


2005年06月17日(Fri)▲ページの先頭へ
眞鍋かをり/真鍋かをり/眞鍋かおり/真鍋かおり

人気タレントの「眞鍋かをり」さんは、サイト作成者泣かせの名前と言えるのではないだろうか。
苗字の「眞鍋」は「真鍋」と書くこともあるし、漢字を間違えて「真部」や「真辺」と書くことも考えられる。
さらに、名前にいたっては「かをり」を「かおり」と間違える確率が高い。
だからといって、これらの誤植を含めたキーワードをページに全て埋め込んで、検索結果の上位表示を狙うというのも考えもの。
正しい名前の「眞鍋かをり」さんでページを作成し、外部リンクでリンクレピュテーションの評価を高めるのが妥当でしょう。


2004年12月16日(Thu)▲ページの先頭へ
予想外の上位表示「巨人 加藤初」

巨人 加藤初


まれに、予想外に検索結果の上位にされる検索キーワードがあったりします。
トラライフの場合、その一例が上記の「巨人 加藤初」です。
このキーワードでヒットするのは、7,780件で、4行目に「阪神-巨人戦 河埜選手の落球」というページが表示されます。

TITLEタグや文中には、キーワードの一部「巨人」が含まれていますが、「加藤初」は文中に1度出てくるだけです。

googleで「巨人 加藤初」を指定した時の検索結果


ただ、今回のキーワードはどちらかというと、巨人ファンの方が指定すると思われるものなので、私のサイトに訪れたところで、すぐに違うサイトに移動されるでしょうが・・・。

(2004/12/16 20:15時点)


2004年11月26日(Fri)▲ページの先頭へ
金本「智憲」は間違いだけれども

金本智憲

上のキーワードを見て、「間違っているんじゃない?」と思った人は正解です。
阪神タイガースの4番を打つ金本選手の下の名前は「知憲」です。
ところが、この誤った綴りのまま記述しているサイトが意外に多かったりします。

googleで「金本智憲」を指定した時の検索結果

この例に限らず、綴り間違いにもかかわらず、検索結果の上位に表示されるケースがあります。
のブログさんのブログにも記事がありましたが、DoKoMo(正解はDoCoMo)、Fujitu(正解はFujitsu)のような綴り間違いの検索キーワードは多いようです。
overtureのキーワードアドバイスツールで確認したところ、2004年10月の実績では、「DoKoMo」というキーワードは37,346回も検索されていました。
このように、誤った綴りでも意外に検索数が多いものを拾って、正しいページに誘導するのは、集客力を高める有効な手段の1つじゃないでしょうか。

ちなみに、金本智憲のページは、狙い通りに検索結果1番目を勝ち取りました。(^-^)

(2004/11/26 12:36時点)


2004年11月25日(Thu)▲ページの先頭へ
「トラライフ」がやっと復活

トラライフ


10月16日(阪神タイガース1985年優勝記念日)に、ドメインを今の www.tora-life.net に変更したのですが、「トラライフ」というキーワードで阪神タイガース情報サイト【トラライフ】が検索結果に暫く出てこなくなっていました。
1ヶ月以上経った今日、ようやく復活しました。

googleで「トラライフ」を指定した時の検索結果


ちょうどドメインを切り替えた頃に、googleのバックリンク更新があったようなので、インデックスされそこなったのでしょうが、トップページに毎日フレッシュクロールが来ているにもかかわらず、サイト名を検索キーワードに指定しても検索結果に出てこないとは、googleはどういうアルゴリズムなんでしょうね。
しかも、1番目にはトラライフの旧管理者雑記が表示されていて、トラライフ本体は6番目だし。(^^;

(2004/11/25 18:25時点)